このサイトが生まれたきっかけと、
けんぞうの自己紹介をしています。

ネットビジネスでつまずく原因について考えた情報サイトです。

はじめまして。このページをご覧頂けて、とても嬉しいです。

ぼくは、けんぞう”と申します。
アフィリエイターとして、このサイトを運営しています。

厳密にはインターネットを利用してアフィリエイト、輸入販売、コンサルタント等々、

様々なことをかき集めて生計を立てているのですが‥‥

普段誰かと対面でご挨拶する時には単純に

”アフィリエイター”を名乗らせて頂いております。

それ以上の自己紹介は、お相手側にニーズがなければ

「なんか長いなあ。」って顔をされるので……

ちょっと話の長いウザキャラだってことは自覚しています(笑)

 

さて、このサイトでは、

ネットビジネスで起きる”つまずき”の原因と対策を

けんぞうの実体験をもとにあなたにシェアしていこうと思います。

 

ネットビジネスでつまずくところは沢山あると思うのですが、

けんぞうは何をするにも要領が悪い人間なので、

人生のあらゆる部分でつまずき倒してきました(笑)

 

けっこうネットビジネスやっている方って、

こういうプロフィールのページで

「こんなダメダメな僕だったんですけど‥‥」

いうストーリーを書かれてるんですけど、

僕はあんまり長々と書きたくはないので、

3行にまとめたいと思います。

 

つまずき回数(けんぞう調べ)
女性‥‥2回(婚約1・同棲1)

大学‥‥3回(留年2・休学1)

会社‥‥6回(ブラック4・丑の刻2)

 

‥‥説明、しなくていいよね、

ありがとうございます(笑)

 

さて、気を取り直しまして(笑)、

けんぞうは数年前に副業でネット物販を始め、

それが幸運にも順調だったため、

「この調子であと1つか欲を言えば2つ、
 ビジネスを成功させたら会社を辞めよう!」

と息まいてネットビジネスのノウハウをあさり始めました。

しかし、結果はボロボロ。

なまじネットの売上があったものだから

自分はセンスがあると思いあがり、

「この売上金でいま手に入れるのは、ブランド物ではない。
 自由を掴むための自己投資ィィィ!!」

と、情報商材やセミナーやにジャンジャカお金をつぎ込んで、

ネットビジネス実践してる気になってました。

一人だけ何も作業を進めていないくせに、

わざわざ新幹線で東京の定例セミナーに参加して、

飲み会でバカ騒ぎしてました。

だせえなあ。

 

まあ、それでも、つまずきながらも

「面白いなあ、ネットビジネス」とケロリとしてたら

素晴らしいメンター(厳密には、クソ野郎)に

ガツッ っとマインドを変えてもらえたり、

収益の芽がムクムクとけなげに茎を伸ばしてきたり、

リアル友人からボコンと仕事も頂けたりと、

いびつながらもしっかりとした形を取って来たのです。

(ほっ と親族一同)

 

 

ひとの不幸は蜜の味

あなたが事前に押さえるべきポイントを知らされていたり、

どこかでつまずいた時、すぐに理由や対策が分かれば、

ネットビジネスを諦めてしまうことも、

お金や時間をムダにすることもありません。

 

それから、

「それってつまずくとこじゃないよ」という部分についても、

「確かに!こだわる必要なかった!」とスッキリ納得できれば、

迷いなく作業を進められたりもしますよね。

 

つまり、このサイトは

先につまずいてド派手にすっ転んでるけんぞうの足元を

チェックしておくことで、

要領良くビジネスを進めることが出来る、

”The 人の振り見て我が振り直せ” プロジェクトなんです(笑)

”ネットビジネスは詐欺ばっかり” ‥‥そのご意見、ある意味正解です。

「こんな僕でも稼げた!的なPR多すぎ」

「ノウハウが3万とか高すぎ」

「この情報発信者と同じような立ち回りをするなんてマジムリ」

「実際は作業が大変そう。ラクして稼げる系は詐欺みたいだし」

「結局自分が金を稼ぎたいだけの人が集まってるんでしょ?」

 

なんか、よくチマタでは、

ネットビジネスについてこういうハナシきくじゃないですか。

まあ、何を知ってそういうこと言ってるのか知らないけど、

はっきり言わしてもらえば

 

「正解」です。

 

ぼくが担任の先生なら、

花丸とまではいかないけど、三角じゃなくて、

もう丸をあげちゃいます。

 

マジメで立派な先生なら、

「なんでも偏見を持っては決めつけてはダメ、
 ちゃんと自分の目で見て判断しないといけません。」

と、博愛の精神でやさしく諭されるかもしれません。

あるいは

「おい、俺は少し興味はあるんだ!
 サギに引っ掛かるほどマヌケじゃないし、
 みんなからもケチと言われるほど慎重派だから、
 内容も確認せずに金は出さないから大丈夫!
 少しだけ話を聞かせろ!」

という方もいらっしゃるかも知れません。

 

うーん、そういう方たちこそ、

「全部詐欺」と思って距離をおいた方が間違いはないです。

 

なぜなら、情報発信をしている人は、

それが詐欺商材でもそうじゃなくても、

「信用させ、買わせるプロ」であることは

疑う余地がないんで。

 

そして購入させられたノウハウが仮に、

成功者を出している優良なノウハウだったとしても、

あなたがそれを実践し続けられなかったら、

いずれにしてもお金をドブに捨てたのと一緒です。

発信者が全力でプロの仕事をするのは、

「信用して購入させる」までで、

その先の「成功するまで実践させる」部分については

施工範囲外なので(笑)

 

まずそこがわからないと

あなたの最初で最後のつまずきになりかねないので、

お伝えした次第です(笑)

 

 

 

 

 

 

ではけんぞうはこのサイトでどんな利益を得るの?

と言いますと、

正直このサイトから利益が上がることは

あんまり期待してません。

これは、

「ぼくは読者の方の役に立つ情報を届けたいだけ!」

ということでは全然なくて、

収益を期待してブログを始めてたら、

少なくともぼくは100パー挫折してるので。

 

ブログから利益が発生するのに必要な記事数の目安は

100記事と言われてますが、

コツコツ作業が苦手で、言い訳を探すことに長けているぼくは

誰も見てくれない、お金にもならない、という状況の中で

100記事を書き続ける自信はありませんでした。

 

ガッツのある人やブログを書くことが好きな方は、

ぼくの理解をはるかに超える集中力や忍耐力を持っているので、

実現不可能ではないと思いますが‥

 

ぼくはメルマガでの情報商材アフィリエイトをメインに活動していて、

(まだ売り上げの半分は物販ですが笑)

そのサポートのために書いている基本的なマニュアルや

つまずくポイントについての注意、

メルマガで書いている内容などを、

「アップロードして体系化したほうが効率いいな」と気づいたからです。

要領悪いですね(笑)

 

まあ、というのも、

自分がメインで販売する情報商材は、

そのノウハウ実践のために必要なネット設定等の

マニュアルが売りでもあったので、

必要に応じて補足説明をしたり、自分が参考にした

無料レポートやサイトURLを紹介するだけで良かったので。

 

ただ、記事をブログにして、そこに飛んでもらえれば親切だし、

商材を増やす時に個別の説明も不要になります。

そしてメルマガ読者の方にもそこで情報を取りにいってもらえますし、

安心もして頂きやすいことに気付きました。

 

ですので、このサイトは検索上位を狙った

「SEO対策」に時間を割いておりません。

まあ、このサイトのタイトル見ただけで試合放棄しているのが分かりますが(笑)

 

それでなくても、SEOを意識した記事を書いたり、

「クリックされるタイトル」にこだわってタイトル詐欺かよ、とガッカリさせたり、

時事ネタを無理やり絡めたり、続けられないなあと思っていたので。

 

なので、このサイトがいきなりグングンアクセスを集めて

そこからバンバンものが売れるということを

期待しているわけではないのですが‥‥

 

でもせっかくアクセスして頂いた方も

”コンテンツの保管場所”

という色気のないものではなく、

楽しく役に立つ!と思って読んでもらえる形にするために

そこわか(そこがわからないからつまずいた)” という

サイトのコンセプトを作った次第です。

 

ちなみに、

セールスレターもCMも同じく「演出」なんだから、

なんてセールスレターをかばうようなことを言いましたが、

ぼくは煽りのセールスレターとか詐欺商材とか大っ嫌いです。

ただ、それをいきなり言っても意味がないので。

そんなアピールいきなりして信じてもらおうと思ってるやつは、

自分の気持ちは気合で人に伝わると思ってるエスパー崩れか、

カンタンに人は騙せると思ってる詐欺師かどっちかだ、

と僕なら思うので。

 

同様に、サイトトップで

「まずお読みください」ってすごく大切なことのように

自己紹介ページに移動させて、そこでいきなり

延々と自分のサクセスストーリーを語っちゃう、

って人の神経も分かりません。

自宅で録音したオリジナルソングをCDに焼いて、

クラス全員に配っちゃった友人を思い出します。

 

ぼく、メルマガには自分のストーリーを書き過ぎるほど書いてますが、

「このサイト、役立つ情報あるかな?」って思って覗きにきただけの人に

「まず俺のサクセスストーリーを読めえええ」

ってことは‥‥できません。

 

「じゃあ、なんでみんなやってるの?バカなの?」

いえいえ、申し上げた通り、情報発信をしている方々

「信用させる」プロであり、

「買いたいと思わせる」プロです。

そのため、読者に

「イメージ」させ

「共感」させ

「恐怖」させ

「切望」させ

「興奮」させ

「期待」させ

「信頼」させ

「安心」させ

「購入」させることに”全て”の力を注いでいます。

”全て”と思ってたらまあ間違いない。

 

改めて申し上げますが、

そこがわからないと、情報発信者選びにつまずきます。

 

こういった具合に、

 

 

 ”そこがわからなかった” というのは、

あなたが ”認識” すらも出来ていなかったところで

つまずいていることも含むのです。

 

 

 

‥‥と、こういった情報を書くことで、

「もっと知りたい」「メルマガ読みたい」と思ってもらえれば、

ぼくは遠慮なくそこで自分を売り込み、

お薦めしたい情報を売り込めるわけです(笑)

 

でもそれって回りくどくない?

みんな最初の10行くらいでこのページ閉じてるよ?

けんぞうってやっぱバカなの?

 

それは、否定できないです(笑)

ただ、いまのネットビジネス業界の価値基準もおかしいんですよお。

 

アフィリエイターも情報商材のセールスレターも購入者でさえも、

 

 

売れる「まで」のテクニックにしか

関心がないことが、めちゃくちゃ不気味なんです。

 

まるで「これを買えばキミの未来は約束されている!」

と言わんばかりの、

キラキラ輝いたキャッチコピーたち。

そしてコピーを上手にたっぷり盛れば盛るほど良く売れて、

売れば売るほどその後の対応はおざなりになるというジレンマ。

 

 

 

なので、ぼくは思ったのですよ。

 

人様に価値を提供する覚悟があって、

信用第一で息の長いビジネスを目指したい、

って人にだけ買ってもらえるようにすれば

面倒なクレームも起こりにくいし、

収益も積み上げ式になって安定する。

コミュニケーションも楽だろう。

失敗から学ぼうとせず、

何年間もノウハウを買いあさっていた

ぼくなんかより、はるかにポテンシャルが高いはずだから(笑)

 

いやそれは理想だけども、それじゃ売れないでしょ” とか、

”はい、今年聞いたハナシで一番嘘くせーわ。”

と思われるのも無理はないです。

 

ただ、もともと、

「ありがちなブログをちまちま書いてても、
 同じ土俵では絶対ベテランの情報発信者には
 勝てないんじゃね?」

と思ってましたし、

自分がネットビジネスを学んでいく過程で、

”この人からこの情報商材買おう”

と思ったのは、

そのベテランのアフィリエイターのサイトを見て、

そこで特典として付けているサポートの内容が

魅力的だったからなんですよね。

まあ、実際に書かれてたものが手に入ったは別として(笑)

 

なので、

「自分が欲しかったサポートだったり、
 特典だったりを作れたら、
 自分のハナシに聞く耳を持ってくれている人に
 最優先でお届けできたら勝ち目あるんじゃね?」

と思ったんですね。

 

多分ぼくは200万以上のお金を情報商材や

セミナーに費やしてきてます。

‥‥これ、ギャンブル好きの自己申告の

「まあ、収支はトントンくらいかな」

は多分そこそこマイナスっていうのと同じと思って下さい(笑)

こういう時は金額を多めに言った方が

発信者としてはウケがいいのかも知れませんが、

むしろちゃんと思い出して計算したくない。ヘコむから(笑)

 

痛い目を見てきて分かった、

騙しの手口や、ムダな情報と、その回避のしかた。

自分の弱さ。甘さ。

ズルさ。ダサさ。おごり。

それでも、

それをかきわけ、かきわけ、じりじり進んでいけば、

いつか ザッ! と、開けた場所があって、

そこに胸を張って、足を踏み出せるんだってことを、

慌てず、ゆっくり、感覚してほしい。

 

逆に言えば、感情に煽られて飛びついて、

努力もせずに投げ出して、愚痴を言うヒトなんて、

金にもならんし、お付き合いしたくない。

恥を知れと言いたい。

もちろんそれで食ってる情報情報業界も一緒です。

 

だから、ぼくは、

これは、恥知らずの情報業界に対する「挑戦状」です

みたいなコピーをデカデカと冒頭において、

読者の目を惹き付けるなんてことはしたくないし、

それを見て「うわぁ‥‥やっちゃってるな~」

っていう感性の人に読んで欲しい。

 

 

恥知らずの情報業界への挑戦状

って言いましたが、